スポンサードリンク

GACKTがパパ活でブランド品を買う若い女性に偏見?タニマチやパトロンには肯定的最近のGACKTさんは「翔んで埼玉」のプロモーションでテレビに多く出演してますが、連日GACKTさんが番組で話した内容がニュースになることが多いです。

先週から今週だけで、少なく見積もっても7つほどニューストピックにGACKTさんの名前が登場していたと記憶してます。

いろんな些細なことがニュースになってる中、1つだけ違和感があるニュースがありました。

それはGACKTさんが過去にブログ内で、昨今の女性のパパ活に苦言していた内容に対してのニュースです。

GACKTがパパ活する女性に偏見?

GACKTさんがパパ活する女性に対して言及したブログというのは2年前の2017年8月に投稿されたものです。

なぜ2年経って今になって、過去のブログに内容が騒がれているのでしょうか?

それは2月14日にあるツイッターのユーザーが、そのGACKTさんのブログの過去記事をツイートしたせいです。

2月14日といえばGACKTさんがナイナイさんの「ゴチになります」に出演した日です。メディアでGACKTさんの姿を見て気になってる方が多く、敏感に反応されたということでしょうか。

その2年前のブログの記事で問題となった箇所は、GACKTさんがクアラルンプールの空港で見つけた若い女性に対する言及です。

明らかに若い女性が、不釣り合いに高級バッグなどを持ってることに違和感を抱き、言及された内容です。

「最近、若い子の身の丈に合っていないブランド志向に気分が悪い。(中略)『一体どうやったらそんな300万もするバッグを自分で買えるか?』と声を大にして言いたい」

「まったく身の丈に合っていないバッグを20代前半の子達が、持ち歩いているのを見かけるとその子達の稼ぎ方に疑問を覚える。考えただけで恐ろしい。JKビジネスがどうのこうの…とよくニュースでは見かけるが、実際に今の日本は想像以上の売りビジネスが横行している」

「自分の身の丈に合っていない買い物をするために売春などを平気でしてしまうおかしな感覚に慣れている子が多すぎる」「デートをして小遣いを貰うという軽いイメージなのだろう」

要はGACKTさんはパパ活をしてるであろう若い女性に対して苦言していたのです。

このブログに記事を巡って様々な反応がありました。

GACKTさんの言いたい事を肯定した反応も多くありましが、

「若い女性のブランド品=パパ活は古い」「ただの偏見」と、女性ユーザー中心にブーイングが起こっていたのです。

大半の人が男性を中心に肯定的ですが、一部の否定派のほとんどが女性です。

実際にはパパ活はしてなくても、ローンなどで無理して身の丈に合わないブランド品を買う女性は多いので、自分のことを言われてるようでイラっときたのかもしれませんね。

スポンサーリンク



GACKTはタニマチやパトロンには肯定的

若い女性のパパ活に苦言していたGACKTさんですが、実はミュージシャンのタニマチやパトロンに対しては肯定的な発言をしているのです。

GACKTさん自身も若い頃は、お金を出して応援してくれるタニマチのような方がいたそうです。

近年も、ミュージシャンとパトロンの関係に関して肯定的に言及しています。

そんな事を言うと矛盾してるように思えますが、GACKTさんの言いたいタニマチの関係と、ブログで苦言したパパ活してる一般の若い女性は全然違います。

ミュージシャンの才能や努力に対する見返りの形の1つとして、タニマチという存在も認めているということです。

若い女性がおじさんにお色気を使った見返りでもらえるお金とは、ちょっと種類が違いますね。

ちなみに今でもGACKTさんにパトロンがいるとの噂もありますが、現在の転々とした暮らしぶりと、来日時に詰め込まれた仕事の事を考えると、ちょっと非現実的ですね。

GACKTが誰かを支援する日が来る?

むしろ逆で、GACKTさんが若いバンドのタニマチになるような日が来るかも?

個人的にはバルさんやハギちゃんは、GACKTさんのおかげでとんでもない景色を見させてもらえてるようにも感じます。

GACKTさんと出会わなかったらどうなっていたんだろう?と思う方はたくさんいます。

GACKTさんが彼らのパトロン的役割をしてるとは考えたくはないですが。。笑

スポンサーリンク