スポンサードリンク

SIAM SHADEの解散の理由。1/3は現在もカラオケで人気!(歌詞)1995年にメジャーデビューし、2002年に解散した「SIAM SHADE」。

その後も定期的に再結成や復活ライブを繰り返してきましたが、結局、しっかり再結成はされていません。

そもそもSIAM SHADEはどうして解散したのか、今になって振り返ってみたいと思います。

いまだにSIAM SHADEというバンド自体は有名ではありませんが、カラオケなどで1/3を歌う人をチラホラ見ますね。

せっかくなのでヒット曲1/3の詳細についても書いてみたいと思います。

SIAM SHADEの解散の理由はメンバーの喧嘩やソロ願望?

SIAM SHADEのことなので、何かぶっ飛んだ風変わりな理由が眠っていると思い込みそうですが、実際に調べてみると普通のバンドらしい理由ばかり見つかりました。

栄喜筆頭にメンバーの喧嘩?Mステで殴り合いはガセ

バンドの解散の理由を調べてみると、多くの人が喧嘩だと認識してる様子でした。

特にボーカルは血の気が荒く、よく揉めていたみたいです。

バンドだけでなくプライベートでも仲の長いメンバーが多く、お笑い芸人の相方の如く小事での喧嘩の繰り返しだったようです。

ボーカルの栄喜さんは解散して長い歳月を経て、あるインタビューで解散理由に「やんちゃだったから」と自分の性格に問題があった発言をされていたそうです。

他のメンバーの口からは彼を責めるような言葉はないので、心の底では認め合っているのでしょうか?

栄喜さんは「アウトデラックス」に出演した際にも自分の血の気の荒さについて言及されてました。過去のブログでも不良付き合いに付いて話されてる投稿もありました。

定期的に再結成ライブを行うことができる背景を考えると、MALICE MIZERほど致命的な大喧嘩をしたとは考え難いです。(あれはGACKTさんだけですが、笑)

ちなみにミュージックステーションに出演して喧嘩したというガセネタがありますが。事実無根です。

ソロ願望が強いメンバーが多かった?

今振り返ってもSIAM SHADEのメンバーは実力派揃い。

バンドとしては大きく売れませんでしたが、各メンバーの実力は他の同期のバンドとは比較にならないほど圧倒的でした。

やはり、長く1つのバンドで動くことをストレスに思っていた方もいたみたいです。あれだけ実力があればもっと実験的なことも試みたいはずですし。

特にメンバーの一馬さんがソロをやりたいと言っていた話は有名ですね。

他のメンバーも解散してサポートなどの仕事で伸び伸びとしてたので、きっと他メンバーも新しい音楽に関心が強かったと憶測できます。

1/3は現在もカラオケで人気!(歌詞)

壊れるほど愛しても
1/3も伝わらない
純情な感情は空回り
I love youさえ言えないでいる
My heart

長くて眠れない夜が
君への想い
「それは恋なんです」と囁くよ
とめどなく語りかける
揺れる鼓動は
微熱混じりの
溜息へとかわる

Give me smile and shine day
君のsmileで
凍てつく夜の寒さも
Goodこらえられる

壊れるほど愛しても
1/3も伝わらない
純情な感情は空回り
I love youさえ言えないでいる
My heart

真夏の雨のように
乾いた素肌
潤す君の笑顔がまぶしくて

Give me smile and shine days
急に澄まさないで
どんなに困難で難関な壁も
越えるから

どれだけ君を愛したら
この想い届くのだろう
見つめられると言えない
言葉が宙に舞う

離れれば離れるほど
愛しい人だと気付く
求めれば求める程に
せつない距離を感じてる
My heart

Give me smile and shine days
Give me smile and nice days
もしもこの腕で
君と抱きしめ合えたなら…

どれだけ君を愛したら
この想い届くのだろう
夢の中では確かに
言えた筈なのに

壊れるほど愛しても
1/3も伝わらない
純情な感情は空回り
I love youさえ言えないでいる

My heart

スポンサーリンク