スポンサーリンク

hydeさんが独立した手越祐也さんのアカウントに好意的な同情をしたことでファンを怒らせるという事態がありました。

まずいと思ったhydeさんはすぐに手越さん及びNEWSのファンに謝罪のコメントを出しました。

そもそもhydeさんと手越さんの関係というのはどのようなものなのでしょうか?

純粋に二人に興味のない人は「え、そこって通じてるの?「とビックリすることでしょう。

実は、二人は昔からすごく仲が良いのです!

手越祐也とhydeは昔から仲良し!

実は昔からHYDEさん関係のパーティや飲み会にて、手越さんは参加されているのです。

基本的にジャニーズ所属のタレントは無許可にネット上に顔を出すことができないので、手越さんの部分だけモザイクなどの加工がされていました。

二人が仲良くなった経緯はわかりませんが、もともと手越さんは熱狂的なL'Arc~en~Cielのファンでありました。

生まれ変わったらhydeさんの顔になりたいと言い張るほどの大ファン。

もしかしたら、手越さん側から仲良くしたいと歩み寄りがあったのではないでしょうか?

今ではhydeさんとお揃いのスマホケースを使うなど、hydeさんへの愛情はえげつないです。

GACKTやYASUもhydeが大好き

あのGACKTさんもhydeさんが好きすぎて、スペシャの社長を通してマッチングしてもらったということがありました。

YASUさんもhydeさんのファンで、いまだに憧れていると公言しています。

手越さんもそうですが、多くの男性から愛されているhydeさんって、本当に凄いですね!

スポンサーリンク

HYDEが手越ファンに謝った理由

ジャニーズを退所して速攻でTwitterアカウントを作った手越さん。

手越さんとhydeさんのやり取りをめぐって、NEWSファンとL'Arc~en~Cielファンが罵り合いうという怖い展開が待っていました。

この「手越祐也」(@YuyaTegoshi1054)のアカウントは、「詳しくは週明けにでも、今後の活動についてご報告できればと思うので、引き続き、よろしくお願い致します」とし、メディアを集めて会見するとしている。手越さんのファンに向けては、同アカウントで今後情報発信していく予定だといい、至ってポジティブ。引き続き何らかの形でタレント活動を続ける意向を示した。  同アカウントは20日夕現在で認証済みアカウントではない(公式バッジがない)が、YouTuberのヒカルさんは上記投稿に対し「これ手越くんの本物アカウントです!本人からリツイートお願いされました」と投稿していた。  一方、HYDEさんはこの「手越祐也」の投稿を引用リツイートしながら、「第二の人生楽しんで行きましょう!」と前向きにエールを送った。ところがこの一言が、手越さんやNEWSのファンを中心としたユーザーの気に障ったようだ。 「余計な事言うな」   「ファンとNEWSメンバー3人のことを考えたらこんなこと言えないと思うんだけどなぁ...」   「応援したくなる気持ちは分かりますが、手越のせいで散々迷惑をかけ、悲しませた方々もたくさんいます。今回ばかりは場をわきまえてください」   「hydeさんの優しさだとは思いますが、今回ばかりはやめて頂きたいです。どうか削除をお願いします」引用元:Yahoo!ニュース

3人だけ残されてしまったNEWSの気持ちを考えると、確かに辛いです。

手越さんの楽しそうな姿を見て、hydeさんも何かけしかけてるように見えたのかもしれません。

それでも世間はhydeさんの味方です。ニュースのコメント欄にはhydeさんを同情する声が多くありました。

ハイドが謝罪したことへの反応

自分が悪い事をしたと思ったらすぐに謝れるHYDEは格好良いし大人だけど、単に自分が気に入らないというだけの理由でなんでもすぐ謝罪に追い込む「お気持ち表明」ツイッタラーどもは見苦しいね。

確かにHYDEさんは悪くない。みなさん大したことない発言に過剰に反応しすぎだとはおもいます。
でも今回の手越の退社は明らかに円満ではなく戸惑うファンも多いと思いますのでSNSなどで発言すれば反響は予想できたとは思うけど…

HYDEさんはステイホームを守らない人に怒りを顕にしていたけれど、自分を慕ってくれている手越くんが反省して新しく頑張っていくのを応援したかっただけだと思います。HYDEファンとしては以前から手越くんとはあまり付き合わないでほしいなあという気持ちもありましたけど…。優しい人なので慕ってくれる後輩を無碍にできないんですよね。

ラルクファン、HYDEファンだけど、この件はHYDEさんは大人の対応したと思うよ。自分的には手越君には特に何の想いも無いけど、HYDEさんなりの優しさでツイートしただけだと思う。HYDEさんが叩かれるのは手越君にとっては申し訳ない気持ちになるのでは?

スポンサーリンク
おすすめの記事