スポンサーリンク

2020年9月23日にアベマで放送された芦澤竜誠とアンチ勢の戦い。

実際に戦う素人を選ぶオーディションでは、ホスト二人組に「歌舞伎で飲むには俺たちの許可がいる」と発言され、別室のモニターでみていた芦澤竜誠選手が激怒し、その場でホスト2組の部屋に突撃して掴み掛かるというアクシデントがありました。

今回の試合の中で、最も注目された因縁の試合でありましたが、試合の結果は良くも悪くも想像通りとなってしまいました。

芦澤竜誠と歌舞伎町武闘派ホスト2人組の結果は?2対1の異質な企画

芦澤竜誠選手とホストたちの試合は2試合目に組まれました。

1試合目の元プロボクサーとの対決に余裕勝利した芦澤竜誠選手は、体力も余ってる印象で余裕でありました。

歌舞伎町の街風景をモニターに映すという凝った入場でありました。

速水カレンさんはオーディションの時の細い印象とは裏腹に、それなりに鍛えられた体をしてました。

RENさんは上半身を着ているということで、おそらくタトゥーが入ってる模様。こちらも、ただのガリガリではなく、それなりの筋肉をしてる様子です。

試合前の顔合わせでは芦澤竜誠選手はダンスを踊りながら余裕の表情。ホスト二人はそれなりに集中してる感じでした。

試合が始まって早々、芦澤竜誠選手は速水カレンさんに襲いかかり、横から殴ってくるRENさんにカウンターを合わせRENさんは早々にダウン。

再びコングがなると芦澤竜誠はRENさんにトドメを刺そうと、今度は早々にRENさんに襲い掛かります。見合った際には速水さんにストレートを放ち、速水さんは吹き飛びダウンで退場。

その後、RENさんと一騎討ちになった芦澤竜誠さんは、コングが鳴った直後に罵声を浴びせながら、グローブを合わせにきたRENさんをスルーしてボコボコに。

芦澤竜誠にされるがままにRENさんはダウンを取られ試合終了。

試合後芦澤竜誠はホスト2人をボロカスに罵倒

試合後に、リングに残ったRENさんに向かってシッシとさっさと消えろのジェスジャー、続けてディスりまくります。

女性アナウンサーに試合の感想を聞かれる際にも、芦澤竜誠のディスは止まず、

「もう見てわかったでしょ、いきがるな、口だけ野郎。俺が口だけ野郎だったらこのリングにいないから。一番ムカつく相手だと思っていたけれど、面と向かっていた時に目が泣いてた。芦澤には勝てないよ。このレベルで何が武闘派だよ。本物には通じないんだよ、偽物同士でやっとけ、ばーか」

など言いたい放題。

会場からは笑い声が聞こえてくるなど、素人を相手にした企画とは思えない空気感でありました。

ネットでは「このホスト、明日から歌舞伎歩けない」の声があるが

圧倒的な力の差で惨敗しただけでなく、オーディションから試合終了まで口でもやられっぱなしだったホスト2人組。

もともと、芦澤竜誠が嫌いなユーザーをターゲットにした企画のはずでしたが、ネットでは「すっきりした」など、ホスト2人組を揶揄する声が多く出ていました。

そもそも芦澤竜誠さんに歌舞伎町で飲んで欲しくないと挑んだ2人組でありましたが、試合後はネットで「この二人こそ明日から歌舞伎町歩けない」との声が出ていました。

気になるのは、この二人はどこのお店のホストで、どれぐらい売れているのか?ということです。

以前、亀田興毅さんに挑んだ神風永遠さんは、大手グループの有名ホストでありました。

スポンサーリンク

速水カレンとRENの歌舞伎のお店の名前は「AIR」

歌舞伎町のホストだという速水カレンさんとRENさんですが、お店を調べてみると「AI R」という歌舞伎町屈指の有名なお店に在籍するホストでありました。

AIRといえば2000年代にホストブームに乗っかる形で彗星の如く現れた歴史あるお店です。

ホストグランプリで優勝した一条蘭さんが有名ですが、それ以降に多くのグループ店を成功させ、系列店には以前に亀田興毅さんの企画に登場した神風永遠さんや、メディアで活躍されるようなホストを多く排出したお店です。

近年は他店の勢いに埋れてる印象もありますが、在籍するホストのイケメンの多さは変わらず絶対的です。

速水カレンさんはAIRでプロデューサーというポジションに就く方です。神風永遠さんほどの大物ホストではありませんが、お店の中では絶対的な力を持ったホストだということがわかります。

そしてRENさんはNo.に入ってるようなホストではありませんが、おそらく体育会系だったなどの経緯があって、今回の企画に速水さんと共に申し込んだのではないでしょうか?

どうでも良いことですが、お店のページの速水カレンさんの身長は180センチと公表されてましたが、試合では身長175センチと書かれていました。さらには同じ身長(175センチ)のはずの芦澤竜誠さんよりもちょっと小さく見えたので、かなりサバ読んでたのかな?と。

スポンサーリンク

芦澤竜誠の汚い飲み方に同感な人が多い?スナック女店員罵倒動画が炎上

アンチと芦澤竜誠さんがガチンコで戦う企画に応募した二人ですが、オーディションで芦澤さんが嫌いな理由を「汚い飲み方」してました。

実は過去に芦澤竜誠さんは、某スナックにて、女性店員に対して「デブ」などしつこく罵倒する動画が出回り、物議を醸してました。

女性が「2分サービスの50分スタートね」と言うと、芦澤さんは「こいつ細けー」と突っかかり、「細かい癖にその体型か」と女性店員の容姿を罵倒し始めました。

最初は行きつけのお店で、顔馴染み同士でディスり合いを楽しんでるのかと思いましたが、女性店員は徐々にお怒りムード。芦澤さんは畳み掛けるように女性の外見を冷やかし続けました。

女性の何が嫌で、あそこまでディスり倒したのでしょうか?

何か伏線でもない限り、芦澤さんの方に非があるように見える動画です。

・芦澤さんに「うるせー」と言われても上手く受け流す

・スマホで配信してる芦澤さんに気を使ってWi-Fiを貸してあげようとしてくれた

・2分サービスしてくれるのは良心的

・芦澤さんに酷いことを言われてもギリギリまで耐え続けた

↑この女性店員は仕事ができる素敵な接客をしてたと思いますが

速水カレンとRENは動画での芦澤の飲み方に怒っていた?

もしかしたら、今回のアンチ企画に挑んだホスト二人は、彼のこの動画を見て不快に思っていたのではないでしょうか?

実際にこの芦澤さんの動画に関して揶揄するコメントは多くありました。

ホストに限らず、夜のお店で働く方にとって、あのような飲み方をするお客さんは、店員にとっては悩みの種です。以前からお酒好きを公言している芦澤さんが普段からあのような飲み方をしてると想像すれば、そりゃ嫌いになって当然です。

AIRという歌舞伎を代表する名店の大幹部である速水カレンさんが突っかかりたくなるのも無理はないです。

オーディションでは歌舞伎で汚い飲み方するなと、ホストが適当なことを芦澤さんに吹っかけてるような印象を受けましたが、実際にはこの動画での芦澤さんの汚い飲み方が伏線に含まれていた可能性があるということです。

しかし、このお店が歌舞伎町だったのか、違い場所だったのかは謎です。オーディションでは芦澤さんは「歌舞伎で飲んでねぇ」とホストに怒っていました。

ホストたちの意思がしっかりと視聴者に伝われば、あの試合の見方も少しは違ったと思います。

ただ、なんとなく芦澤に勝てると勘違いしてボコボコにされた滑稽なホストというイメージのままではかわいそうですね。

試合後、ホストと芦澤は写真撮影で仲直り?台本?

険悪な雰囲気なまま終わったのかと思ってましたが、速水カレンさんのツイッターなどを見てると、試合後に芦澤さんと撮った写真をアップしていました。

試合後に挨拶をして、仲良くなったのか、もしくは番組側の台本だったのかは謎です。

どちらにせよ、もう少し盛り上がりそうな伏線があったのに、あまり気付かれてないのは勿体無いなと思いました。

ホスト2人組のことは、あまり悪く言わないようにしましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事