スポンサードリンク

ヴァイオリニスト・徳江尚子氏が死去。経歴と演奏動画ヴァイオリニストの徳江尚子さんが死去されました。

徳江尚子さんはイギリス・ロンドンに在住していました。

音楽も主としてイギリスで活動していました。

日本では水戸室内管弦楽団、サイトウ・キネン・オーケストラ、紀尾井シンフォニエッタ東京のメンバーとしても活躍されてました。

ヴァイオリニスト・徳江尚子氏が死去

徳江尚子さんの悲報はYahoo!ニュースでトップに出ていました。

亡くなられたのは先週の9月18日だったようです。

徳江尚子さん(とくえ・ひさこ=バイオリニスト)が18日、死去。葬儀は近親者でとりおこなった。後日、お別れの会を開く。

3歳からバイオリンを始め、桐朋学園大学在学中にモスクワ音楽院に留学。ソ連(当時)の名バイオリニスト、レオニード・コーガン氏に師事。63年、日本音楽コンクール1位。サイトウ・キネン・オーケストラのメンバーとして活動したほか、全日本学生音楽コンクールの審査員も務めた。近年は東日本大震災などのチャリティーコンサートに力を入れていた。

出典headlines.yahoo.co.jp

国際経験豊富なバイオリニストとして知られ、国内外で活躍された方でした。

徳江尚子の経歴

名前:徳江 尚子比佐子)(とくえ ひさこ、Hisako Tokue)

生年月日:1945年7月6日 – 2019年9月18日

出身地:東京

職業:ヴァイオリニスト

家族:妹はピアニストの徳江陽子

3歳からヴァイオリンを始め、鷲見三郎、鷲見四郎、江藤俊哉に師事。若くして多くのスキルを学びました。

1958年、学習院女子中等科に進学。当時からコンクールで表彰されるなど大活躍。第13回同コンクールでは、東京大会、全国大会ともに第1位を受賞。

1961年、桐朋女子高等学校に進学。第31回日本音楽コンクールに出場し、第2位を受賞した。高校2年生の時はアスペン国際音楽コンクール・ヴァイオリン部門で第1位。高校3年生の時、第32回日本音楽コンクールで第1位、レウカディア賞、松下賞を受賞。さらに海外派遣コンクールで日本代表に選ばれ、

1964年、桐朋学園大学に進学。パガニーニ国際コンクールで第4位、ロン=ティボー国際コンクールで第6位を受賞した。大学在学中に第1回日ソ文化交流の交換留学生としてモスクワ音楽院に留学。

スポンサーリンク



徳江尚子の演奏動画

 

バッハ ブランデンブルク協奏曲第四番ト長調BWV.1049、

水戸室内管弦楽団での1992年4月25日の公演です。

スポンサーリンク