スポンサードリンク

ヤフオクドームがペイペイドームに改名。理由とファンの反応今年3連覇を成し遂げた福岡を拠点にするプロ野球チーム「福岡ソフトバンク」。

その本拠地の球場名は「ヤフオクドーム」、旧ファンは「福岡ドーム」と呼びます。

この2通りでお馴染みになった球場のはずですが、なんと今日2019年10月30日に球場名を変更することを発表しました。

 プロ野球ソフトバンクが来シーズンから福岡市の本拠地「ヤフオクドーム」を「ペイペイドーム」に改称する方針を固めたことが30日、分かった。引用元:Yahoo!ニュース

発表された改名後の名前は「ペイペイドーム」・・・。

ペイペイドームってなんだ!?とファンが混乱してます。

ヤフオクドームをペイペイドームに改名した理由

どう考えても馴染みにくそうな「ペイペイドーム」・・・。

なぜ、このような名前にしてしまったのか、理由を調べてみるとソフトバンクが伸ばしたいサービスの名前が「ペイペイ」であることが発覚しました。

プロ野球ソフトバンクが来シーズンから福岡市の本拠地「ヤフオクドーム」を「ペイペイドーム」に改称する方針を固めたことが30日、分かった。親会社のソフトバンクグループはペイペイを冠したスマートフォン決済アプリやインターネット通販を強化している。今年日本一になった球団の力を借り、一段の知名度向上と消費者への一層の浸透を図る。

 複数の関係者によると、福岡市などには報告しており、近く発表する。

 ペイペイ(東京)はソフトバンクグループが50%、ヤフーと通信大手ソフトバンクがそれぞれ25%出資し、今後のグループの成長を支える戦略的な中核企業と位置付けている。

なんと「ペイペイ」はソフトバンクとヤフーが多くを出資してるサービスの模様。

決して会社や持ち主が変わったという理由ではないみたいです。

今後、ネット上で重要なサービスになると見越すなら、今後は違和感なく「ペイペイドームに行こう!」と言えそうですが。

そもそも前の福岡ドームがヤフオクに改名した後も、地元の人は長く「福岡ドーム」と呼んでいました。

ようやくヤフオクドームと諦めて呼ぶ地元民が増えてきたのに、ここにきてまた改名とは。

地元民がヤケクソになって、永遠に福岡ドームと呼び続けそうです。

ペイペイドームに改名したことへの反応

・ダッサ。ヤフオクドームの方が良かった。

・こんなの浸透するの??笑

・流石に産業ゴリ押しし過ぎ

・孫さんには足を向けて眠れないよ。
でも命名権変更の手間のたびにこれを言う福岡市民の気持ちも考えてくれよ…。だろー

・3連覇のチームの本拠地に相応しくないダサさですね。楽しみです(^ー^)

・松坂の給料はペイできなかったクセに

・そもそもサービスの名前がなぜペイペイになったか問題

・オリンピックやワールドカップとは関係ないかもしれないが、もう少し外国人でも球場名から場所が分かりやすいように出来ないものか。
命名権の関係で企業名を付けるのは仕方ないのかもしれないが、合併や事業撤退の度に名前を変えられては定着せずに逆効果かと。

・ヤフオクドームになったときも、同じ感想だった。結局福岡県民は福岡ドームって言うから良いですけど。

・福岡ドームに戻してほしい。
ネーミングライツだろうが、ダサすぎる。
こういうことこそ、ファンの声を尊重してほしい。

・他の施設のようにスポンサーが変わるために止む無く変更されるなら仕方ないが、そうではないならファンや利用者の長年の思いや親しみをないがしろにすることになります。絶対反対です!

・ヤフオクのサービスよりもPayPayを広めたいからなのでしょうが、せめてソフトバンクドームとか今後変えなくてもいい名前にしようという案は無かったんでしょうか。宣伝といわれればそれまでですが、またすぐに変わりそうですね。

スポンサーリンク

おすすめの記事