スポンサーリンク

Xといえば、これまでに幾度もの新譜を出すと宣言しては、その発売日が延期になってしまっていました。

原因は、やはりYOSHIKIさんの多忙なスケジュールと過剰なまでの完璧主義にあるとされてます。

最後のオリジナルアルバムは23年前に発売された「DHALIA」で、最後に新譜リリースの予告をしたのは2008年です。

さすがにファンを待たせすぎでしょうと思ってしまいますが、出したら出したらでとんでもない名曲揃いなんだと期待してしまうので、どこか許せてしまう部分がありますね。

実は、次回出す予定のアルバムはすでに収録済みで、リリースの発表のタイミングにかなり慎重になってるとか。

これが本当だとしたらXファンにとっては大変な大ニュースですね!

YOSHIKIのX新譜発表の裏事情

実はすでにレコーディング済みで、ジャケットの撮影も終了してるとされているXのニューアルバム。

8月2日には「YOSHIKIチャンネル」の放送前に重要発表があるとして、ファンは新譜の発表だと期待していました。

実際にその日の放送の中でアルバム発売を発表する予定だったのですが、急遽、発表を延期。

その際にYOSHIKIチャンネルが大荒れ。その後にYOSHIKIさんは「自分がちょっと早とちりしてしまって、いろんなかたに100%確認をとらなかった」と説明しました。

実はXのメンバーと音楽出版社との契約で、アルバム発売を発表する際にはメンバー全員に報告してあること必要があるそうです。

しかし8月2日の放送で発表する直前まで知らされてなかったメンバーもいたようで、急遽、発売発表を取りやめたということです。

ちなみにその音楽出版社は、YOSHIKIさんが統括する会社。ちょっと複雑なピラミットのようです。

メンバーの中には音楽出版社と揉めて契約を更新してないメンバーもいるようで、色々と難しい問題を抱えてるみたいです。

スポンサーリンク

YOSHIKIの音楽出版社と契約更新してないのはトシ?

この話の中で気になるのは、YOSHIKIさんが統括する音楽出版社と契約を更新してないメンバーがいるということ。

そのメンバーとは具体的に誰なのでしょうか?

あの世界のYOSHIKIさん相手に、かなり度胸のいる行動のように思えます。とりあえずSUGIZOとかでは絶対にないですね。

色々と調べてみると、やはり同級生の幼馴染のボーカル・TOSHIさんであると分かりました。

ただ、あれだけ穏やかで性格の良さげなトシさんが、契約を更新しないとか破天荒なことをするのでしょうか?

ここ最近は、2人のアーティストとしての“方向性の違い”が、浮き彫りになっていたという。だが、あるレコード会社の幹部は、「実はそれ以上に深刻な問題がある」と打ち明ける。

「彼らは、他のバンドとは契約形態が違うんです。2007年の再結成後、メンバー個々がYOSHIKIが統括する音楽出版社と契約する“契約方式”に変更されました。そんな中、Toshlは昨年、契約が切れた後、契約を更新していません。ギャランティーの未払いなどがあったためといわれています。現在はX JAPANとして活動する際には、コンサートや曲ごとに契約する“都度契約”になっていると見られています」引用元:ヤフーニュース

どうやら、ライブや曲ごとに細かく契約を取るという、とても面倒な契約内容になっているみたいです。

そもそもトシさんが嫌がって契約を放置してるというよりも、YOSHIKIさんがトシさんを排除しようと動いてるという噂までもがあります。

ってなると、この前のYOSHIKIチャンネルでの新譜発表は最初から無理な話だったということになりますね。

YOSHIKIさんは細かい契約内容などを確認しておらず、寸前になってスタッフに知らされてあたふたしたということになりますね。

スポンサーリンク
おすすめの記事