スポンサードリンク

YOSHIKIが困惑。翔んで埼玉のパネル出演は無許可?(画像・動画)ついに公開が始まったGACKTさん主演の「翔んで埼玉」。連日GACKTさんがプロモーションで多くの番組に出演されて話題となっていました。

この映画にはパネルで親友のYOSHIKIさんが登場するのですが、YOSHIKIさんはこのことを巡って「許可した?」と困惑したリアクションを見せました。

YOSHIKIさんが困惑したことによって、本人の許可があったのかなかったのか話題になってます。

飛んで埼玉ってどんな映画?

「飛んで埼玉」とは「パタリロ!」などを手がけた漫画家魔夜峰央氏によるギャグ漫画です。

本人が埼玉に住んでた時期に、締め切りに追い込まれ、ストレスの極限で遊びで書き始めたストレス発散の矛先です。

埼玉から他の県に引っ越した途端、連載を辞めてしまったという、とても雑な作品です。

最初に映画化のニュースが流れた時に、多くの漫画ファンが「は?」と思うような作品です。

GACKTさんに二階堂ふみさんなど、無駄に豪華なキャストがさらに謎を深めてます。

昨年のYOSHIKIチャンネルで知った

実は昨年のYOSHIKIさんの誕生日には、本人のニコ生の「YOSHIKIチャンネル」と、弟分のGACKTさんのチャンネルにてコラボ放送があったのです。

GACKTさんは数百万もする高いワインを差し入れし、YOSHIKIさんは上機嫌。音楽の話を真剣にするなど、とても充実したトーク内容でした。

その番組の中で、翌年に公開されるGACKTさん主演の「飛んで埼玉」のプロモーションビデオが流れました。

そこでYOSHIKIさんは自分のパネルが登場したことに驚いていました。

スポンサーリンク



「飛んで埼玉」にYOSHIKIと高見沢のパネルが出た理由

ストーリー展開の詳細はわかりませんが、映画の中で埼玉県民と千葉県民が戦うシーンがあるみたいです。

高見沢さんは埼玉出身代表として、YOSHIKIさんは千葉出身代表としてパネルが使われたのです。

なぜ、アーティストの2人が使われたかのかというと、やはりGACKTさんが出演してることによるパロディ的なノリだと思います。

YOSHIKI「出してよ」GACKT「絶対出ないじゃん」

昨年のYOSHIKIチャンネルで共演したYOSHIKIさんとGACKTさんですが、互いにお酒尾を飲みすぎてほろ酔いテンションでした。

「翔んで埼玉」の話をしてる中で、YOSHIKIさんが「出たかった!」と言い出す一幕がありました。

GACKTさんは「絶対うそ!笑」「絶対に出ないじゃん!笑」と呆れて笑っていました。

YOSHIKIが困惑した理由はど忘れ?

YOSHIKIさんは昨年の自分のチャンネルの中で、GACKTさんと出演の話をしたのにも関わらず、なぜか公開当日になって困惑のコメントを残しました。

YOSHIKIはそのシーンが登場する予告編映像を視聴し、21日更新のツイッターで、「なにこれ。。びっくり。。」と驚き。承諾した覚えがないのか「許可した?」と首をかしげたが、「まーいいか。笑」と不問に付した。引用:ヤフーニュース

YOSHIKIさんは物忘れが激しいらしく、そのことは最近のGACKT出演のバラエティ番組で語られていました。

きっとこの映画に自分のパネルが出ることも、先に知らされてはいるけど、ぴんときてなくて、覚えていなかったのでしょう・・・。

もしくは YOSHIKIさんなりの、弟分の映画のプロモーションお手伝いだったのかも?

スポンサーリンク

おすすめの記事