スポンサードリンク

まつげパーマ液 悪質商法。販売されていた商品と被害者の声(画像)まつげのパーマといえば、一昔前は女性だけの文化でありましたが、ここ近年はヴィジュアル系男子や水商売をする男性にも利用者は増えました。

特に自宅でケアできるまつげ関連の商品は、女性だけでなく男性にも人気です。

目を大きく見せる王道の手法は、マツエクもしくはまつげパーマであることは

最近ではトレンドではなく、当たり前の美意識になりつつあるまつげパーマなどですが、その需要に伴って悪質な商品も出回っているそうです。

まつげパーマ液 悪質商法

今回、悪質な品物を販売して逮捕されたのは神戸の化粧品会社の男性です。

なんと、国の許可が必要な医薬部外品を、家で手動で簡単にできるまつ毛パーマ液だとしてネット販売していたそうです。

6月24日に逮捕されたのは、神戸市の化粧品販売会社「内外治療院」の役員・山岡正敏容疑者。
2018年、「自宅で気軽にまつげパーマができる」として、医薬部外品に必要な国の許可を得ずに、パーマ液などを女性5人にインターネットで販売した疑いが持たれている。

警察によると、山岡容疑者は市販されている髪の毛用のパーマ液を小さな容器に移し替え、8年前から「まつげ用パーマセット」として販売。この3年間で12万セット、約3億2,000万円を売り上げていたとみられる。引用元:ヤフーニュース

またまた世間的には浸透していない、自宅でのまつ毛パーマ液。それにつけ込んでの犯行だと思うと恐ろしいです。

種類が出ていない商品ですが、それが今回逮捕された男性の会社から12万セットも販売されていたのですから、美意識の高い女性が何人も被害に逢っていることが想像できます。(きっとヴィジュアル男子も・・)

しっかりと専門の場所に行ってまつ毛パーマをかけてる女性曰く、自宅でまつげパーマをやるのは、現在ある世の中のセルフ商品では難しいし、場合によっては危険だと言います。

便利になっていく世の中だからこそ、これぐらいのジャンルの痒いところに手の届く商品は、何が良い物なのか判断が難しいです。

スポンサーリンク



販売されていた商品と被害者の声(画像)

仮にお店でプロフェッショナルなスタッフに最新の器具でまつげにパーマをかけてもらうにせよ、簡単ではないみたいです。

仮に商品に効果があったとしても、目に入らないように又は皮膚につかないように自分で丁寧にやる必要があります。

今回逮捕された男性が販売していた商品に、ちゃんと効果があったとしても、素人が自分で使うには難しすぎるという見解でもあります。

事態が明らかになったのは、2018年5月。このまつげ用パーマセットを購入した女性から、兵庫県に「まぶたが腫れた」という相談があり、無許可での販売が発覚した。調べに対し、山岡容疑者は容疑を認めている。引用元:ヤフーニュース

ニュースになっている代表的な被害者の口コミも、やはり皮膚についてしまったことが想像できます。

消費者生活センターには、毎年1年に10件ほど、似た内容の相談がきているそうです。

このジャンルの商品は毎年、いろんな会社からいろんな品名でリリースされています。

どの商品が正しく、正しくないかが分かるほど歴史のないジャンルなので、安易に手を出すのは怖いですね。

最近では美容専門学校などでは、アイリストになる為の専攻分野が増えています。そして、厚労省からの通達により、施術を行う者は美容師免許が必須となりました。

このような背景を知れば知るほど、しっかりと専門の場所でやらなければいけないことなんだなと感じます。

そもそも自分でまつげパーマをするのは危険?

まつげを長く見せたいヴィジュアル男子は、恥ずかしがってないで、しっかりとお店に行ってアイリストの方にやっていただくのが賢明ですね。

にしても、かなり昔から楽天などで同じような品は売ってるので、セルフでうまく行ってるリピーターが一定数いるのも事実でしょう。

それでもある人気美容院のブログなどで、お客さんが自分でまつ毛パーマなどをすることに苦言を呈する書き込みがあったり、専門家の目線で見ても、現在になっても危険な行為であることがわかります。

目に入れば失明の恐れがあり、皮膚に付着すれば火傷のようなかぶれた状態になってしまうそうです。

本当に恐ろしい・・・・。

スポンサーリンク