スポンサーリンク

モデルとしてエリートの道を用意されていたのにも関わらずAKBに入って失敗してしまった光宗薫。

正直、彼女がボーカルのV系ガールズバンドがあったら魅力的でした。

正直、当時批判されていた彼女の細すぎる体型は、バンギャにとっては憧れのスタイルでありました。

ボーイッシュで少女漫画に登場する王子様のようなヴィジュアルを誇る光宗薫さんですが、AKB時代には女の子っぽい格好もたくさんされてきました。

逆に光宗さんのスカート姿などレアだと思うので、現在までの彼女の女性らしいスタイルの画像を集めてみました。

主にAKB時代の写真が中心です。

また、物議を醸したウシジマ君での彼女の破滅的な魅力がある写真もまとめてみました。

現在までの光宗薫のスカート姿とウシジマ君での散々なシーン

やっぱり光宗は足の細さが神!

当時、なぜアイドルの世界に行ってしまったのか・・・。

モデルが嫌でもバンド活動でもしてくれれば、女性のファンは多く付いたと思うのですが、もったいないです。

不健康までに痩せてる同性に魅力を感じる女性というのは多いと思います。

当時はAKBメンバーのような、チンチクリンな普通っぽい女の子がトレンドであったので彼女は「痩せすぎ」「太れ」と揶揄されて大変だったみたいですが。

時代と道を間違わなければ、今頃は大物ミュージシャン兼女優として令和の時代を牽引していたことでしょう。

そして、個人的に大好きなのは「ウシジマくん」に出演した際に見せた、彼女の貧相な役柄です。

不幸な目に遭う女性を見事に演じきっていてカッコ良かったです。

スポンサーリンク

うしじま君での光宗薫の悲惨な姿

この作品で光宗さんは神堂に洗脳される雑誌編集者・上原まゆみを演じました。

神堂から躾を受け怒鳴り散らしたり、自殺未遂を行ったりと鬼気迫る演技を披露。

光宗さんはヴィジュアル系の世界で生きれるだけのポテンシャルを持っていたんだと実感し、尚更もったいない気持ちになりました。

現在の光宗薫はプレバトで復活![画像]

光宗薫さんはうしじま君での女優としての演技力だけでなく、絵の才能があることでも有名です。

過去出演したプレバトでは幾度も素敵な水彩画を披露して話題となりました。

2017年に芸能活動休止を発表した際には、それらの才能があるのにもったいないと言われていました。

しかし、その3年後の2020年の8月に再びプレバトに出演し、芸能活動を再開させました。

3年ぶりに出演したプレバトでもしっかりと結果を残しました。

アイドルグループ「AKB48」の元メンバーで、“スーパー研究生”と注目された光宗薫が27日、MBS・TBS系で放送された「プレバト!!」(MBS・TBS系)に出演した。3年ぶりに同番組に復帰し、名人に昇格した。

「水彩画の才能査定ランキング」のコーナーに登場。かつては特待生1級だったが、この日、名人初段となり、1ランク昇格。「やった~!」と喜んだ。

水彩画画家の野村重存先生は、光宗の作品を見るなり「へぇ~~っ」と感心。「すごい、自然、さわやか、上手。これは3年前になかった作風」と3年間で作風が変わったことを指摘。描写について「自然さ、正確さは間違いない」「構造物が図ではなく、立体物としての現実感がある」と絶賛。「出たね!これは!トップ狙えますよ」と太鼓判を押した。

光宗は同番組の水彩画査定の常連だったが、17年10月に芸能活動を休止。ツイッターで「10代の頃から接触障害、脅迫的な症状に悩んでおり」と告白。休養し、出演が途絶えていた。引用元:Yahoo!ニュース

3年ぶりに出演したプレバトで披露した光宗薫さんの水彩画はコチラです!

やっぱりすごいですね!

この繊細なタッチと色づかい、生粋の芸術家気質なのでしょう。

スポンサーリンク

光宗薫の経歴・プロフィール

光宗薫(みつむねかおる)

生年月日:1993年4月26日

年齢:27歳(2020年8月現在)

出身地:大阪府

転勤族、モデル、アイドルに女優と忙しい人生

幼少期は親が転勤族のため小学3年生までは千葉県、広島県、神奈川県を転々としその後の学生時代は大阪府で過ごす。

2011年3月に神戸コレクションモデルオーディションでグランプリを受賞。その後に、AKB48の13期生として加入し大きな話題になります。

連続ドラマ「ATARU」に出演するなどスーパー研究生としてかなりの注目を集めていました。

研究生でありながら、別格のオーラを放っていましたが、総選挙では圏外。その後にチームKへの昇格が決まっていましたが体調不良によりAKB48は脱退。芸能活動も一時休止。

絵の仕事はマイペースに続けてきた

2013年10月に大阪府のGALAXY GALLERYにてボールペン画による個展スーパー劣等生」を開催。

2019年1月には東京・銀座の画廊でボールペン画の個展ガズラー」を開催します。

芸能活動を休止してる間も、特技の絵だけは辞めずに続けていたようで、絵のスキルは充電期間を経て、さらにレベルアップしています。

スポンサーリンク
光宗薫の関連記事
おすすめの記事