スポンサードリンク

GACKTが苫小牧南高校降臨の理由。2019年卒業式サプライズライブ!画像・動画主演を務めた映画「翔んで埼玉」が大ヒット中のGACKTさん。

ここ最近はメディアによく顔を出し、連日話題になってます。

映画のインパクトがあまりにも強かったので、毎年定番であった卒業式サプライズの存在を忘れており、今日インスタでストーリーが流されて「そういえば!」って気になりました。

今年、GACKTさんが卒業式に訪問したラッキーな学校は、北海道の苫小牧南高校でした。

これまで離島はなかったので初めての試みです。

GACKTが北海道・苫小牧南高校の卒業式に登場(画像)

GACKTさんの卒業式サプライズの様子は、GACKTさんのインスタのストーリーで生中継されました。撮影者はタクミさんで、ときよりタクミさんの素の顔が映ってて面白かったです。。笑

北海道に来ているというのに、GACKTさんは薄いジャケットを羽織ってました。少し前までは私服での登場でしたが、今年は衣装のようです。

GACKTさんが「君のためにできること」をBGMに体育館の横扉から入場すると、案の定大声援。これまでは後ろ扉からの登場が基本だったのですが、苫小牧南高校の体育館は後ろ扉が存在しなかったのでしょうか?

今年はプロの音声スタッフとカメラマンがいたので、おそらくどっかの番組の密着も兼ねてるのでしょう。

これから番組で放送されるのであれば楽しみですね!早く番組名と放送日時が知りたいです!

GACKTさんが壇上に上がっても生徒たちは座ったまま。間が空くと大声援。GACKTさんが喋り出すと生徒たちが一気に壇上に駆け寄りました。

まるでライブが始まった直後のオーディエンスのような光景。

タクミさんが撮影していたアングルは近年珍しい場所だったので、こういう角度でサプライズが見れるのはレアです。

演奏が始まる前にGACKTさんは「マナカ」「リナ」「リョウ」と3名の生徒の名前を呼び、「立ってみろ」と呼びかけました。そして「約束は守ったからな」と言うと、大きな拍手が起きました。

GACKTさんが演奏を始めようとすると、すでに泣いてる生徒が数人。GACKTさんは「泣くのは早い!」と会場は笑いに包まれました。

生徒たちは後ろにいる人にも見えるように、前方にいながらも膝をついて行儀よくしていました。

オファーした森岡さんが真ん中で友人と立ってる貢献が素敵です!

生徒たちのこのようなマナーの良い動きは初めてだと思います。

しかも演奏が始まると、Aメロの段階から生徒たちが手をあげて左右に振るなどライブのオーディエンスのようなノリを見せました。

生徒が手を挙げて演奏を後押しするのも初めてのパターンです。

さらには後方にいる下級生たちも、前方の卒業たちと同じように手を挙げて曲にノッていました。

北海道の高校生はライブ慣れしてるのでしょうか?ライジンなどのフェスにみんな行ってるとか??笑

GACKTさんの歌声の調子も良さげで安定感抜群です。

最後のサビ前のサングラスを取った後の黄色い声援はもはやデフォです。その後の高らかな歌い上げも最高でした!

生徒たちの合間の声援やノリが普通のフェスっぽいのが素晴らしかったです。

間が空いた後にずらっと立ち上がって前に詰める光景は、とてもバラード曲とは思えませんでした。モッシュとまでは言わないですが。。

GACKTさんも歌ってて気持ちよかったのか、「届いたか?」の後に大声で「届いたかぁー!?」と煽ってました。普通のライブのようなテンションに驚きです。今までにないテンションの高さを感じて「お前らのお母さんに怒られる」なんて発言も出て大盛り上がりでした。。笑

GACKTさんが先生や両親に感謝しないと駄目だぞ?と語ると、生徒たちは体育会系の太い声で「はい!」と強い返事。YFCの男限定ライブ以来の気持ち良い声援でした。

いつものメッセージの後に、大声で「頑張れよー!!」と叫んでGACKTさんは壇上を降りました。

帰りのBGMは「kagero」と昨年と同じ。これはしばらく続きそうです。

体育館の出口に向かう途中に親達の方に手を振り、出口に出る前には会釈をしました。

この頭を下げて帰るパターンは今年が初めてだと思います。

卒業サプライズの元祖になった現マネージャーのリョウくんがGACKTさんを車まで誘導してる姿が、なんとも言えない感動があります。

スポンサーリンク



苫小牧南高校を選んだ理由(動画)

当たり前ですが、サプライズをする高校は適当には選ばれていません。

生徒や先生、親の誰かがオファーをして動くのがGACKTさんです。

今年の北海道の苫小牧南高校にした理由は、昨年の12月24日に届いた同校の生徒からのメールがきっかけでした。

歌う前に3名の生徒の名前を挙げてましたが、その3人がGACKTさん宛にオファーして実現したのです。

ニュースでは森岡愛花(マナカ)さんが主に取り上げられてます。

複数の生徒がオファーを出すパターンも新しいですね!

しかし、映画のこともあるので、埼玉の高校に行ってても大盛り上がりだったかも!?

昨年はスキャンダラス

昨年のGACKTさんは初めての東京都内の、しかも女子校でのサプライズでした。

根っからのGACKTファンの女の子が、高校1年生のことから熱心にオファーをかけて実現したとして話題になりました。

さらには、このサプライズのきっかけになった2006年の兵庫県の高校の生徒が、現在のGACKTさんのドライバー兼マネージャーになってることも大きな話題となりました。

しかし、昨年のGACKTさんは卒業シーズンの前に仮想通貨関連でネガティブな報道があったり、卒業ライブの後にメンバーのYOUさんがネット上の誹謗中傷に対して法的措置を取ると発表しニュースになったりと、スキャンダルに挟まれたサプライズになりました。

今年2019年のサプライズは、映画のヒットにも恵まれ、さらにはメディア出演が重なった時期ということで、かなりポジティブな印象になってます。

今年でソロデビュー20周年ということで、念願のオリジナルライブにも期待できます。

たった1年だけで、これだけファンの気持ちの持ちようが変わるとは、やっぱり人生ってわかりませんね。

ちなみに2019年のサプライズライブは「みんなのテレビ」にて独占取材されてたそうです。放送が楽しみですね。

GACKTのサプライズに合わせてゴシップ?

GACKTさんのサプライズニュースが流れてから被せるように、某週刊誌媒体がGACKTさん関連の記事を投下しました。

タイトルは品がない感じですが、内容はそこまで酷くはありません。

しかし、話題の被せ方が露骨で、なんだかなと思います。

GACKTさんに対する一部媒体のネガティブキャンペーンはいつまで続くのでしょうか・・・。

スポンサーリンク