スポンサードリンク

GACKTが喧嘩強い理由。格闘技経験豊富。過去にZeebraに勝った?GACKTさんといえば、昔からメディアでは強気の態度。

20代の頃はいつキレるのか分からない危険人物でした。

そもそもGACKTさんがボディーガードを置き始めた理由は、GACKTさんが喧嘩などをして面倒なことになるのを避ける為でした。

しかし、昔からのGACKTさんの体を見てると、お世辞にも強そうではありません。

引き締まって程よい筋肉があって、完全に見せる体のように見えました。

GACKTが喧嘩が強い理由

GACKTさんは子供の頃から父親の影響で、柔道や空手などの武士道に通じてたそうです。

子供の頃は高い高いなどしてもらえず、代わりに関節技を父親にかけられて「解いてみろ」とやられたそうです。

体の弱かったGACKTさんは、弱いままだとダメだと、体を鍛えることを始めたのです。

成人しても筋トレは続け、ボクシングやキックボクシングなども習ったそうです。

プライド全盛期の時代に観戦席の前列にGACKTさんを目撃した人は多数おり、実際に当時から格闘家の方とはお友達だったそうです。

スポンサーリンク



・「裸にしたい男」で大男を倒す

GACKTさんがデビューして間もない時期に、NHK番組の「裸にしたい男」に出演。

海外に旅に出て、そこで村の人と交流したりしてたのですが、GACKTさんはその村に伝わる格闘技に興味を示しました。

村の方が格闘技の試合をしてるのを見てるGACKTさん、どんどん血が騒いでいった挙句、試合に参加することに。

そこで村で一番強いとされる大男と対戦しましたが、まさかの圧勝!正直、ファンも驚く結果でした。

・テコンドー黒帯を世界最速で取得

GACKTさんは様々な格闘技を習ってきましたが、過去にはテコンドーにもハマっていました。

自宅のジムにテコンドーの王者を呼んで稽古を続けた結果、GACKTさんは世界最速での黒帯取得に成功したのです。

もともと体が柔軟だったGACKTさんは、テコンドーに向いていただけかもしれません。

・腕相撲でボディーガードに勝利

GACKTさんの細い体を見て、全然パワーがないような印象を受けます。

しかし、実際は皮膚の下に質の良い引き締まった筋肉が隠れているのです。

GACKTさんは昔からメンバーうちで筋トレやスパーリングをして遊んでたりするのですが、時には腕相撲対決もします。

大抵、GACKTさんは黒人のセキュリティにも勝利してました。

確か当時のダンサーを含むメンバーの中で、左手はGACKTさんが一番強くて、右手は2位だったと記憶してます。

・安田大サーカスのHIROを追い込む

GACKTさんはライブの中で、ふざけた映像を流して観客を楽しませる演出をします。

2016年のライブ「Last MOON」では、GACKTさんが片手を紐で縛り、片手で相撲をする姿がありました。

GACKTさんが対戦したのはまさかの安田大サーカスのHIROです。

「さすがに厳しいだろ」と思っていましたが、ギリギリまで粘り、HIROを驚かせました。

「すげーパワー強かった・・・」と驚くHIROの姿がありました。

・Zeebraを倒したという武勇伝

この話はかなり古いのですが、GACKTさんが過去に同じ歌手のZeebraさんをやっつけたという武勇伝があります。

ZeebraさんからGACKTさんに喧嘩を売り、激怒したGACKTさんがZeebraさんを秒殺で倒したという話です。

実際にこの話はGACKTさんは言及しておらず、当時2000年代前半の匿名掲示板の中で広がっただけです。

実はZeebraさんはこの話を知っており、のちにツイッターで否定してます。

仮に本当に戦ったらGACKTさんの方が強そうですが、まず喧嘩することはないと思います。

Zeebraさんは「確かに本当だったら面白い」と呟いていましたが、実際にあったら全然面白くないですよ・・・笑。。

スポンサーリンク

おすすめの記事