スポンサーリンク

GACKTさんがYouTubeのチャンネルを立ち上げて以降、ファン以外の方もGACKTさんの側近スタッフに興味を示しているみたいです。

最近ではマネージャーの田中涼君がアメーバTV主催の那須川天心選手に挑む権利を賭けた格闘技のイベントに参加し話題となりました。

GACKTさんのマネージャーとして一部では知られた存在になっていた涼君ですが、そんな彼が2020年6月8日に自身のSNSにてGACKTさんの事務所を退社されることを発表しました。

ファンはみんな衝撃を受けてました。

田中涼がGACKTの事務所を退職

長年GACKTさんのマネージャーとして馴染みの存在となっていた田中涼さん。

ファンからも愛されていた存在だけに、20周年を迎えた今になって退職を決断されたのは大変ショックでありました。

この度、2020年5月いっぱいで10年間働いたGACKTさんの事務所を退職しました。
僕が入社したのは2010年4月1日でした。
そこから普通では経験できない数多くのことを経験することができました。
入社初日にGACKTさんから『2ヶ月で辞めないようにな』と言われたのを今でもよく覚えてます。
とても厳しい現場だと聞いていましたが、まさか10年もここで働かせてもらえるとは思ってもみませんでした。

この10年間を振り返るとGACKTさんをはじめ、周りの方に助けてもらってばかりの10年だったと思ってます。
本当にありがとうございました。引用元:田中涼インスタグラム 

涼君の業務は5月いっぱいで終わりだったそうです。

退職を報告したインスタでは、入社した頃の思い出から、10年働かせてもらったことへの感謝の気持ちを綴っています。

この5月というタイミングというのが驚きです。

一体どのような理由がなのでしょうか?

マネージャーを辞めた理由は?

涼君がどのような理由で退職されたのか、インスタでは具体的には語られていません。

次にやりたいことが見つかって、夢が見つかったというのなら明るいニュースではありますが。

なんせ、世間は新型ウイルスのせいで経済活動が行き詰まっていたので、その影響でないことを祈ります。

世間ではコロナ婚というのが流行っているので、そっち系の明るい事情で、家にいる時間が必要になったとかなら嬉しいですね!

スポンサーリンク

ChachamaruやYOU君のようにファミリーに残る?

今年開催されたGACKTさんの20周年記念ライブツアー「カオス」。

ユーモア溢れる演出に、長年GACKTさんを支えてきたファンをザワザワとさすようなカオスな内容が売りのライブです。

このライブの中で賛否両論分かれているのが、ライブに同伴するバンドメンバーが一新されてしまったことです。

satoさんやバルさんは仕方ないにしても、デビュー以来ずっと一緒に活動してきたYOUさんとChachamaruさんが不在だったことに驚きの反応が多くあったのです。

GACKTさんは、バンドメンバーではなくても、ファミリーであることには変わらないと、むしろ新しいメンバーが増えたことで仲間が増えたんだと、MCでは前向きな意味であると語っていました。

そこで、マネージャースタッフとしてGACKTさんと10年間関わった涼さんは、ChachamaruさんやYOUさんと同じく、ファミリー枠で、今後も要所でお目に掛かることはできるのか?という疑問です。

涼さんはミュージシャンではなく、一応は一般人なので、事務所を退社した時点で永遠に会えないとなると寂しいですね。

今後も涼君の近況が分かる形になるのか、昔いたボディーガードのように生存不明になるのか。

涼君が辞めたことへのファンの反応

・涼くん長い間お疲れ様でした GACKTさんのサポートありがとうございました これからも幸多い人生を、歩んで下さい

・涼くんGACKTさん日本にいないからお仕事無くなった。新しい運転手付き人決まったのかな?

・これからの涼君のことを応援してます!長年GACKTさんを支えてくれてありがとう!

・とても大変で濃い10年間だったと思います。Gacktさんの現場で10年もやれたのだから今後はどんなことがあっても大丈夫だと思います!あれ以上の背中はないのですから

・新しいマネージャーとドライバーは決まったのか。ジュニアさんが亡くなった時も悲しかったけど、今回も辛い・・・ずっとGACKTさんに連れ添ってくれると思っていたのだから

スポンサーリンク

普通の高校生がGacktのマネージャーになるまで

ファンにも大人気のマネージャーの涼君ですが、そもそも彼がGacktさんのマネージャーになるまでのきっかけはなんだったのでしょうか?

かつて、GACKTさんがパーソナリティを務めていたラジオに、涼君がお悩み相談のメールを送ったことが始まりだったのです。(ゴールデンボンバーのキリショーさんも同じ境遇ですね)

涼君は自身が通う「兵庫県立舞子高校」が定員割れの危機にあると相談されたのです。

そこでGACKTさんは涼君に自分の力で定員割れを防いでみろと言ったのです。

涼君の力で定員割れを防ぐことができたならば、卒業式に行って歌を歌ってあげると約束したのです。

そして涼君は約束通りに定員割れを防ぎ、Gacktさんとの約束を守ったのです。

そのことはアジアツアーに回っていたGacktさんの耳にも入り、忙しいスケジュールの合間にいざ卒業式に乗り込むことになったのです。

Gacktさんが涼君のために作った曲というのが「野に咲く花のように」です。

以降、その曲は卒業式のサプライズとして2019年まで歌われ続けたのです。(2020年は新型ウイルスの影響でなし)

2010年からはマネージャーとしてGACKTさんを支える立場になり、ライブやイベントで涼君の姿を拝見するようになりました。

最近では彼の姿を見掛ければ声をかけるファンも多いです。

毎年のように卒業シーズンになるとGACKTさんの卒業式サプライズがトレンドニュースになりますが、ファンはその度に涼君とGACKTさんの絆の深さを再認識するのです。

ファン的には、涼君がGACKTさんのマネージャーであることはYOU君との友情と同じように永遠であって欲しいと思い込んでいたことでしょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事