スポンサーリンク

GACKTさんは沖縄生まれの関西育ちでありますが、ネット上である昔の話のほとんどが滋賀か京都でのエピソードです。

Mステで生まれ故郷の名曲「島唄」を歌われるということで、故郷の沖縄とGACKTさんの関わりについて書いてみたいと思います。

ちなみにGACKTさんが「島唄」を歌われるのは初めてではなく、10年以上昔の2004年に出演した「僕らの音楽」でもGACKTさんは「島唄」を歌唱され、当時は番組史上二番目の視聴率を記録しました。

2019年に出演した「シンソウ坂上」では番組史上一番の視聴率を叩き出してたので、「なんでGACKTってテレビばっかりでるの?」という疑問の答えはここですね。

 

この曲を歌う前に「沖縄出身ということにコンプレックスがあった。でもこの曲に出会ってから沖縄が好きになった。 だから僕は自信をもってOkinawanだって言う。今なら島唄を歌えるんじゃないか。」と語ってました。

GACKTと出身地沖縄の逸話・エピソード

昔はラジオで度々、故郷の沖縄についてお話をしてました。

近年も沖縄について語ることが多くありました。

自分が覚えてる限りの、GACKTさんと沖縄の逸話について綴ってみたいと思います。

沖縄の大きなゴキブリにトラウマ

GACKTさんが子供の頃の話です。

ある日窓の向こうから黒い集団が飛んでるのを発見。

GACKTさんは「あれはなんだ?」と眺めていたところ、その集団は自分の家の窓へ。

慌てて窓を閉めましたが、時はすでに遅し、数匹が部屋の中に入り、残りは窓に「ドンドンドン」と強い音を立ててぶつかって落ちていったそうです。

この気持ち悪い経験から、GACKTさんは現在もゴキブリが大っ嫌いだそうです。

ただGACKTさんは何かの番組の中で「生まれ変われるなら何になりたいか?」という質問に対して「沖縄のゴキブリ」と答えたこともありました。「だって翔べるんだよ」「飛んで移動できるからね」と飛べることを強調して話されてました。

沖縄のカラフルな魚が嫌い?

GACKTさんが故郷の沖縄を巡る「浜ちゃんが!」に出演した際に、出演者と沖縄のお魚の市場を訪問してました。

GACKTさんは沖縄の魚のカラフルで動きが遅くて簡単に捕まえられる油断した生き物であることが許せないと語っていました。

海中に馴染む姿で、素早く逃れる魚の方が好きなようです。

GACKTの母のサーターアンダギーを食べるルール

これも魚と同じく「浜ちゃんが!」に出演した際に話されたエピソードですが、番組でGACKTさんおすすめのサーターアンダギーのお店、「うなりざき」に行った際の話です。

GACKTさんのお母さんは、サーターアンダーキーを食べる際に、必ず牛乳と合わせて食べるように指導。さらには牛乳1瓶が終わるまで食べ終えてはいけないとして、牛乳とバランスを合わせて食べることを教育されたそうです。

スポンサーリンク

ご先祖様のお墓を嵐でびしょびしょになってお掃除

東京やマレーシアでは王子様のような生活をしてるGACKTさんですが、故郷の沖縄ではちょっと違うみたいです。

GACKTさんは沖縄に帰ると必ずご先祖様のお墓へ訪問し、掃除セットを片手にお墓をピカピカにするそうです。

ある時は嵐で雨が激しく、びしょびしょになってしまったこともあったそうです。GACKTさんの側近の方が「あの人が信じられる?」と興奮気味に話してました。

確かに、GACKTさんがビシャビシャになってお掃除に没頭する姿なんて想像もできません。

2016年のライブツアーで沖縄を回った際は、ツアーメンバーと共にお墓を掃除されました。

その際、メンバーのサトがTwitterとインスタでGACKTさんとお掃除したことを報告してました。

GACKT兄さん一族のお墓掃除の巻。

皆で汗と汚れにまみれながら、無心&本気の約3時間。

綺麗にした後はお参りさせていただいて。
少し高台の、気持ち良い風が吹いている場所だったよ。

で、ミッションクリア後の爽快感\(^o^)/ 引用:satoインスタ

ライブがあるというの3時間かけて掃除するなんて、やはり完璧主義者ですね。

昔に掃除中にコケてGACKTさんが頭を打ったという面白いエピソードもあったと思います。

沖縄のおばあちゃんは長寿で部屋に孫のパネル

GACKTさんは沖縄に帰ると、おばあちゃんのお家でゆっくりすることがあるそう。いつも歓迎してくれる姿に感動するそう。

沖縄のおばあちゃんの家にはGACKTさんの2003年頃のオリコか富士フィルムの等身大の巨大パネルが置かれているんだとか。

GACKTさんのライブに遊びに来たこともあるおばあちゃんは、一部のファンの間では顔も知られてます。

100歳を超えていましたが、確か近年、亡くなられたとか?ここの情報は忘れました。

沖縄合宿で海に溺れる

初期のGACKTさんはメンバーと合宿することが多くありました。過去に沖縄の合宿で海に覚えれたエピソードは本人も好きでよく語ってますね。

死を覚悟した際、最後に女の子としたのかいつなのか思い出して、しばらく禁欲してたGACKTさんは「死ぬならしてからだろ」と必死に泳いで助かったとか。

また、子供の頃にも溺れたことがあったとか。

沖縄の海はアメリカ軍さえも上陸に苦労するほど危険が多いので、油断ならないですね。

沖縄の実家に帰ってもやることがない?

GACKTさんは定期的に沖縄の実家にも帰るらしいのですが、帰っても何もやることがないそうです。

家の近くの浜辺で、1時間ぐらいお姉さんと一緒に石を投げてたこともあったそうです。(大人になって売れた後に)

沖縄で撮った映画「カーラヌカン」は不評?

GACKTさんは近年、自分が主演で助演をオーディションして映画を撮りました。

その映画の舞台が故郷の沖縄でした。

監督は別の方でGACKTさんはあくまで主演です。

この映画の内容というのか、あまりよろしくはなく、ファンからも人気ないです。

故郷でのGACKTさんの姿が楽しめるのでおすすめですが。

Gacktの沖縄の実家の場所は糸満市(北の方)

沖縄出身と言っても、具体的にどこなのでしょうか?

沖縄は狭いようでいろんな土地があって、風習も微妙に違いますよね。

GACKTさんは2004年のラジオにて、

うん。あのね、ぼくね、つい先月か、ちょっと沖縄に帰って来たのね?
で自分の、北部の方の実家にちょっと行ってきたんだけどね、
そりゃあまあ、ひどいもんさ。びっくりしたね!ずっと信号ないからね!
ほんっとに。びっくりしたよ、車で。
あまりにもなにもなさすぎて、通り過ぎちゃったからね!

と語っていました。

ということは、沖縄の北の方が、GACKTさんの出身地ということです。

いろいろ調べていくと、糸満市が実家がある場所だそうです。

GACKTさんは家の場所が曖昧で、姉と共に「家なくなった?」と探すのに苦労するそうです。とにかく田舎の中の田舎だそうです。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事