スポンサーリンク

YouTubeを始めて以来、GACKT流エクササイズや英会話が話題になっているGACKTさん。

基本的には自身から発信するコンテンツがメインで、チャンネルに登場するのは身内メンバーばかりでした。

しかし、2020年9月の後半に投稿された動画には、まさかの人気ユーチューバー ・ラファエルさんの姿がありました。

GACKTさんが互いのチャンネルを跨いで人気ユーチューバー とコラボするのは初めてのことです。

ラファエルがGACKTのYouTube企画をプロデュース!

GACKTさんとラファエルさんのチャンネルの中で配信された動画の内容は、初対面はラファエルさんがGACKTさんに挨拶してお部屋を見せてもらうというもの。

しかし、自宅探検の後半はGACKTさんに逆ドッキリを仕掛けられ、泣かされそうになるラファエルさん。

これまで数々の大物とコラボしてきたラファエルさんでありましたが、GACKTさんを前にして、緊張でガチガチ、全てのリアクションが素人のようでありました。

ドッキリが終わった後に、ロビーでGACKTさんとラファエルさんは雑談。そこである約束をしたのです。

それは、ラファエルさんがGACKTさんのチャンネルの企画をプロデュースして、来年2021年の8月末までに登録者数100万(現在50万)突破させるということです。

GACKTさんが「ラファエルにお願いしたら簡単に100万いくのか」と質問すると、ラファエルさんは自信満々に「えぇ」と回答。その自信を買っての約束でありました。

仮に100万人突破できた場合(ご褒美)と、できなかった場合(罰ゲーム)の約束までしていたのですが、その内容を巡ってネットでGACKTファンとラファエル読者が歓喜の声を出してます。

スポンサーリンク

GACKTのYouTubeチャンネル100万突破で弟分&格付け出演

まず、仮にラファエルさんがGACKTさんのチャンネルの企画をプロデュースして、1年以内に登録者数が100万人突破した場合のご褒美ですが、

それは2021年の年末に出演する、GACKTさん馴染みの「芸能人格付け番付」に、ラファエルさんと共に出演するということ。

それには、今後はラファエルさんをGACKTさんが弟分として面倒を見ることを約束しました。

地上波の高視聴率番組に、さらにはGACKTさんの無敗伝説に加わることができれば、ユーチューバーとしてこれ以上美味しいことはありませんね!

100万人突破できなかった場合の罰ゲームはGACKTのダンサー

仮に100万人突破できた場合は格付けに出演すると約束していましたが、逆に100万人を突破できなかった場合は、GACKTさんのライブのダンサーを務めるという超罰ゲームになることが決まりました。

当初はGACKTさんは日本用のランボルギーニ(1億円)が欲しいと言いましたが、それの要望は流石のラファエルさんも厳しめ、話が進んでダンサーをやってみるかという話になりましたが、なぜかラファエルさんはそっちの方が良いと答えてました。

GACKTのダンサーの厳しさ。罰ゲームに匹敵する理由

罰ゲームの案でGACKTさんがダンサーをやってもらうと発言した際、ラファエルさんは目を輝かせていました。

しかし、その場にいたスタッフ、メンバーはザワザワ。死刑宣告されていることに気づかないラファエルさんに驚いてる印象でした。

そもそもGACKTさんのダンサーというのは、一度経験すれば、その後どこのバックダンサーの仕事も楽に感じられるというほど、業界でも有名な厳しさを誇ります。

ライブの日程が近付けば、合同でのリハーサルがスタートし、2時間強の過酷なトレーニーングの後に長時間の鬼のようなリハーサル

ライブが始まれば毎回厳しいトレーニングに加えて、本番同様のゲネプロ、終演後は反省会、深夜にハードな飲み会

本番前にフリを変えるなど当たり前で、1つのツアーで最初の振りは別物に変貌し、その分新しく覚え続けないといけないことも多い。

ただ上手く踊るだけでなく、お客さんに伝わる動き表情をしなくちゃいけないので、通常のアーティストのバッグダンサーというよりも、舞台演劇のようなハートが踊らないといけない。

ただ、GACKTさんのダンサーになることでのメリットは計り知れません。

GACKTのダンサーになると人気ダンサーの仲間入り?

過去、GACKTさんのダンサーをやったという経緯で、界隈に顔と名前を売ったダンサー・メンバーは多くいます。

全国にいるGACKTファンの絶対数は、普通の大物ミュージシャンよりも多いわけではないですが、熱量やコアっぷりは凄まじいです。

過去、GACKTさんの専属シェフだった方が、その後にファン向きに個人でイベントを打つようなこともできたぐらいですし、ずっと相方だったギタリストは自分の誕生日ライブで高額なチケットを完売させることもできます。無名芸人の「はぎちゃん」はGACKTさんの面倒見の良さからダウンタウンDXに出演することもありました。

単純にGACKTさんのコアなファンを味方に付けることのメリットは大きいです。

長年開催されているGACKTさんの「学園祭」には、歴代メンバーが参加することもあり、何年たっても大舞台でGACKTさんと共演する可能性がもらえます。

ラファエルさんがこのメリットに気がついているとしたら、すごいことですが、しっかりとライブに付いていき、仲間と認められるのは安易なことではありません。

過去にファンが1曲のみダンサーとして参加した

2004年にGACKTさんの作品を購入したファンに、「GACKTが夢を叶える」という特典が付き、その特典に当選した若い女の子が「GACKTさんの猫ダンサーになってステージに上がりたい」と訴えました。

その女の子は2004年の全国ツアーのラストの「UK」という曲の猫ダンスとして出演することになりました。しかし、フリを覚えて、細かい動きも覚えないと、直前にGACKTさんからGOサインがもらえないという状況で、彼女はプレッシャーに押しつぶされながら、連日の厳しい稽古に泣きながら耐えていました。

最後は無事に出演するすることが可能になり、本番での動きもしっかりとでき、ライブ後にはGACKTさんやメンバーに仲間だと認められました。

彼女は単純に達成感が獲得しただけでなく、顔付も変わり、その後もGACKTさんのバッグステージに入る権利のような物ももらっていました。

スポンサーリンク

どちらにせよGacktもラファエルもWINWINの約束

GACKTさんはチャンネル登録100万人を突破すれば、単純にチャンネルに力を付けることができます。

また、ここ最近はGACKTさんの無敗伝説にプレッシャーを感じてるのか、なかなか共演者が決まらないという悩みもあるので、人気ユーチューバーのラファエルさんが担当してくれれば、それはそれは嬉しい話であります。さらに、リアルを伝えるユーチューバーがGACKTさんの裏側を知れば、格付けのヤラセ疑惑を倒すこともできますし。

仮に登録者数が100万を突破できなかった場合でも、ダンサーというファミリーにラファエルさんが加わるので、話題性もあって良いことです。ラファエルさんも、しっかりとライブをこなせば、GACKTさんのコアなファンの支持も受けれるので、悪くない話です。ただ、その過程で怒鳴られたり、体を壊したり大変な思いをするでしょうが。

スポンサーリンク
おすすめの記事