スポンサードリンク

GACKTがRIZINの実況解説を引退宣言。話のテンポ・スピード・声のボリュームに賛否先日、人気格闘技団体「RIZI」とGACKTさんが契約したことがニュースになっていました。

GACKTさんといえば昨年の大晦日の那須川天心とメイウェザー戦の実況と君が代独唱が話題になったばかり。

実況解説では堀口選手やメイウェザー選手の解説を的確に行い、多くの方から絶賛されていました。

おそらく、GACKTさんの解説の好評にあやかっての契約だったと思います。

しかし、昨日のRIZINでも実況解説を勤めると、今後は賛否両論の意見が飛び出しました。そして、GACKTさん本人も自分は解説に向いてないとして、今後は解説の仕事はしないことを宣言されました。

GACKTがRIZINの実況解説を引退宣言

GACKTさんは4月21日放送のRIZINにて、実況席に座り、解説の仕事をこなしました。

ネット上では以前の那須川、堀口戦での実況への好評とは反して、今度は不評な反応が多くありました。

そして4月22日にGACKTさんがインスタにて自身が実況に向いてないとして、昨日限りで解説の仕事は引退することを宣言しました。

「今回度重なる要請を受けてやったものの、ボクの話すペースは全く解説者向きじゃない。解説を本業にやってる方達にも失礼だとも思うし、技術面も話せる人がいるならボクがそれを話す必要も全くない」

と、自身の「立ち位置」に戸惑っていることを伺わせるネガティブな心境だった。そして、

「今後解説席に座ることはもうない。これで最後だ。強く頼まれたこととはいえ、ボクが格闘技ファンとして客観的にボク自身を見たらボクは要らない」

と解説から身を引くことを宣言した。引用元:ヤフーニュース

全てが不評というわけでもなかった昨日の実況ですが、GACKTさん本人から「必要ない」という言葉が出たのが驚きでした。

スポンサーリンク



GACKTの実況はテンポ・スピード・ボリュームが向かない

GACKTさん本人が言ってるように、GACKTさんの普段のトークのトーンだと実況に向かないとしてます。

放送中もツイッターなどで、声が小さい、話のテンポが遅くて試合展開についていってないなど、GACKTさん独自のテンポや空気感に戸惑いを隠せない視聴者が多くいました。

世間を声を冷静に聞いて、自ら引退宣言をしたということで、GACKTさんの早い決断自体を良しとするファンは多いみたいです。

GACKTの引退宣言は良い判断?反応は様々

そもそもGACKTさんは自ら実況をやりたいと名乗り出たわけではなく、昨年の解説が適切だったということと、視聴率に貢献したということで、テレビ局からオファーが出たのです。

頼まれて引き受けた背景が分かると、その後のGACKTさん本人の引退宣言も兼ねて批判の声は少なくなりました。

ケンコバさんやおのののかさんなど、ほかの素人解説に比べればとても好感的だったという声も多いです。

昔から格闘技の解説に芸能人がつくことは多いですが、本当に格闘技の知識があり解説ができる芸能人がつくことは少ないです。

それだけに今回のGACKTさんの芸能人でありながらも芸能人らしくないマニアックな解説は、視聴者的に違和感があったのでしょう。

GACKTの「スタミナ」の多さ

レイナさんの試合にて、対戦してる両者に「スタミナがない」と発言していたGACKTさん。

確かに過去の試合にてレイナさんが終盤にバテ気味になる光景は多く、この観点自体は間違ってはいません。

しかし、昨日のレイナさんの試合は、彼女の絶対に負けられない根性が垣間見れ、バテながらも最後まで集中力を切らさない隙のない内容となりました。

スタミナがない両者に、早い展開での決着をイメージさせていたGACKTさんの解説に批判が集まってしまったのは不運でしかないです。

GACKTが無能なわけではない

なんだかんだで現時点でGACKTさんの冷静な引退宣言を通じて、これまでの批判は収まっています。

現在のGACKTさんに対するファンの声は、

GACKTに別に罪は無く、強く頼んだ主催者側の責任だろう。彼は格闘技に精通しててマルチタレントとは言っても、本業はミュージシャンだ

パッキャオのコメントも単純で笑えたけどね。
ウンチクを言える人を関係者が呼んでもいい。

ガクトの喋り方とトーンで解説向きでないのは明らか。
それを知ってオファー出してるライジン側に問題ありです。

確かに話すスピードが遅いし、考えながらなのは分かるんですが、試合始まっちゃっててもまだ喋ってるから邪魔感は否めなかった。
それを自分で理解してるんだからすごいですね。
でも言ってる内容は、大丈夫でしたよ。

おののかを出すくらいなら
ガクトの方がましだよ!!

あくまでGACKTさんは頼まれた仕事をしっかりこなしただけで、GACKTさんを責めるべきではありません。

たった一回のチャレンジで身を引いたということで、GACKTさんの英断は素晴らしいです!

ただ、パッキャオさんもそうですが、高田さんなど格闘技に精通された方からの鋭い意見や実況がないのは寂しいものです。テレビ局がGACKTさんの理論的な話し方に依存しようとする気持ちもわからなくもないです。

 

スポンサーリンク