スポンサードリンク

GACKTとYOUの関係は親友!嫁・桜井奈々と子供の為に法的措置(画像)GACKTさんが京都で出会ったのが今のバンドメンバーのギターのYOUさんです。

この二人の長い友情はファンの間でも有名です。

少し前にネットニュースでYOUさんが誹謗中傷を経て法的措置に出たと報道され、その後に世間から関心される人物となりました。

GACKTさんのファンでもなければYOUさんのことってあまりよく分からないですね・・。

YOUさんってどんな人なのか、そしてここ最近にあった法的措置のニュースも兼ねて掘り下げてみたいと思います。

GACKTとYOUは10代からの関係「カインズフィール」

GACKTさんとYOUさんが出会ったのは、まだ互いに10代の頃です。

当時のGACKTさんはバンドに所属しておらず、ヘルプの活動をしながら、スタジオで練習をする日々だったようです。

GACKTさんが当時練習していたスタジオには、当時のYOUさんのバンドも利用しており、スタジオのカウンターのようなところで会ってはガンを飛ばし合っていたそうです。(互いに元ヤン)

当時のGACKTさんはあるバンドのギタリストがカッコいいと気に入っており、そのギタリストがまさかのYOUさんだったことで、後に仲良くなります。

YOUさんは当時からすっぴんとメイクの差が激しかったらしいです。(普段は覇気がなくてノホホンとしてるとか)

仲良くなったGACKTさんとYOUさんは「カインズフィール」というバンドを結成します。
これがGACKTさんにとっての初めてのバンドです。

GACKTをボーカルに変えたYOU

GACKTさんとYOUさんが組んだ「カインズフィール」ですが、当時はYOUさんがギターでGacktさんがドラムでした。

ある時期にバンドのボーカルが抜けてしまい、なかなか活動ができなかった時期に、GACKTさんが仕方ないから「俺歌おうか」と言ったことがありました。

GACKTさんが冗談半分でボーカルをすると言った所、YOUさんが激怒。「甘くないんじゃ」とキレられたそうです。

でも「この曲歌えや」とオーディションをしたそうです。(一応検討する点YOUさん優しい)

GACKTさんは決められた曲を練習してYOUさんの前で歌うと、YOUさんは「お前や」とGacktさんをボーカルにすることを決めたのです。

YOUさんがGacktさんをボーカルに変えた話は、今でも稀に出ます。彼がいなければ今のGACKTさんはいません。

マリス脱退直後に頼られたYOU

GACKTさんはカインズフィールを辞めて、MALICE MIZERに加入するために上京します。

MALICE MIZERはGACKTさんという強烈な武器を手に入れ、インディーズで天下を取り、メジャーデビューもロケットスタート。当時のマリスの残した数字の数々は今でも伝説級です。

しかし、GACKTさんはお金に狂ったメンバーと折り合いが付かず脱退。その後にソロデビューすることを決めました。

Gacktさんがソロデビューするのに集めたメンバーが、京都でやっていたバンド「カインズフィール」のメンバーのYOUさんとRENさんでした。

GACKTさんのステージへの理想が高くて、YOUさんは「無理や」を連語。それでも必死に付いてきてくれたのがYOUさんです。

当時の無理な練習の数々が今の表現の大きなステージに繋がっているのです。

冷静に考えれば、仮にどこかのプロミュージシャンを集めただけであれば、GACKTさんも無理な要望ができなかったはず。

幼馴染のYOUさんがいたからこそ、思ってるだけの理想をぶつけることができ、ソロ初期からGacktさんの世界観を極めることができたのです。

スポンサーリンク



ソロ活動でずっと一緒

Gacktさんのソロ活動は1999年からスタート。

YOUさんは当時から現在まで、ずっとGACKTさんに付いて来ました。

GACKTさん曰く、YOUさんは「逃げ遅れた」と表現。それだけ普段はGACKTさんの無茶に付き合わされているのです。笑

デビュー当時からYOUさんのファンからの人気は凄まじく、GACKTさんに負けないヴィジュアルの良さでステージ映えも良かったです。

一時期は一緒に住んでた時期もあり、仕事もプライベートも共にしたのです。

メンバーというよりも、もはや家族のような存在です。

今ではGACKTさんからのダメ出し多いYOUさんですが、この先もずっと同じような感じだと思います。何があってもGACKTさんがYOUさんをメンバーから外すことはないと思います。

YOUのプロフィール

本名:不明
生年月日:1974年2月10日
出身:関西
血液型:A型
身長:185センチ
趣味:カメラ。大食い。
担当楽器:ギター
結婚:2004年に最初の結婚

嫁の桜井奈々と子供のために法的措置

GACKTさんのファンから大人気のYOUさん。昔からのファンの多さは圧倒的で、GACKTさんが男前なメンバーを加えたとしても、YOUさんの人気に敵うことはありませんでした。

しかし、あることがきっかけで、一部のファンを怒らせてしまい、ネットで私生活を有る事無い事悪く書かれるようになってしまったのです。

ある事というのは、YOUさんが結婚していた事です。2004年に結婚し、離婚した嫁さんは週刊誌にネタを売ってGACKTさんに迷惑をかけました。(ゴーストライター疑惑事件です)

YOUさんからしっかりと事情の説明と謝罪の声明がありました。

その頃からYOUさんの人気は徐々に下がり始め、jobメン内でのファンからの人気はsatoさんや巧さんに奪われる形となりました。

ゴーストライター疑惑’事件の後から、ネットなどでYOUさんを悪く言う意見が目立ち始め、挙げ句の果てには再婚した女性と障害を持つ子供に対する悪い言葉も出て来ました。

あまりにも酷い誹謗中傷が長期続き、ついにYOUさんが法的措置に出たのです。

皆様

いつも応援ありがとうございます。
先日のご報告の続きです。

ネット上の私ども家族全員に対する名誉毀損、侮辱、プライバシーの侵害に対しまして弁護士、警察に相談いたしましたところ、あまりにも執拗で悪質ため、このたび刑事事件として扱われることになりました。

すでに数名のIPアドレスの開示は終わっており、個人特定に向け捜査が進んでおります。特定され次第、刑事告訴となりますが、民事の方でも損害賠償等の法的措置をとらせていただく次第です。
今後もこういった犯罪行為に対し、家族を守るため随時法的措置をとらせていただきます。皆様のご理解とご協力よろしくお願いいたします。引用元:YOUブログ

誹謗中傷の言葉の中には、YOUさんとの子供を妊娠してる時期に「次も障害児だといいですね」と言う、人間とは思えないような言葉もありました。

ちなみにYOUさんが結婚した相手の女性は、桜井奈々さんという料理研究家の女性です。

顔と名前を出して活動してる方だったという事で、非難の的になりやすかったのです。

桜井奈々のプロフィール

生年月日:1982年10月24日
出身:東京都あきる野市
身長:158センチ
職業:料理研究家
学生時代:演劇に目覚め勉強。その後に舞台やミュージカルも経験する。大学中退。

YOUと桜井奈々さんへの叩きが出た理由

YOUさんはGACKTさんに続く人気で、もちろん女性ファンが多くいました。

まず2004年の最初の結婚を知らなかったファンが多く、当時公表しなかったことに怒りを覚えるファンがいたのです。

週刊誌で知ってYOUさんに騙された気になったファンがいたのです。人気商売なので仕方ないと思うのですが・・・。

当時はGACKTさんの企画で、YOUさんの嫁探すというよな企画をやっていたので、「結婚隠してそんな企画するなんて」と、後に火に油を注ぐような形になったのです。

個人的には、GACKTさん同様にファンを盲目にさせるほど魅力のあったYOUさんに驚きました。

GACKTさんではなくてYOUさんの事で、そこまで嫉妬して怒るファンがいるなんて、ちょっと想定の範囲外でした。

妊娠初期の大事な時期に、わざわざ捨てアカまで作って「次も障害児だといいですね」等、嫌がらせコメントしてきた方々、
面と向かって言えますか?
もちろん、お互い表に立って仕事をしている以上、批判は甘んじて受けますし、誰でも簡単に発言出来るネット社会において誹謗中傷も致し方ないとは思っております。
ですが、どんな理由があるにせよ、今一度自分の良心に問うてみてください。
僕はただ悲しい…悲しいです。 引用元:YOUブログ

再婚した桜井奈々さんに障害のある子供がいたという事で、叩きの的にしやすかったのもあると思いますが、流石に趣味が悪い気がします。

今ではそんな状況もネタに?

学園祭に参加して驚いたのですが、GACKTさんのメンバーはYOUさんのことを明るくネタにしています。

ファンからの質問で「なんでYOUさんは人気がないの?」という内容に対して「知ってる癖にー(笑)」とファンが爆笑する場面がありました。笑

触れてはいけないナイーブなネタにせず、オープンにして一緒に戦っていこうという姿勢が素敵ですね。

YOUさんと嫁さんと子供を叩いていた方は、あくまで一部だったと思います。

ほとんどのファンがGACKTさんが一番大好きで、その名参謀のYOUさんのことは「人として好き」ってぐらいのテンションだと思うので。

「なんでそこまでYOUさんに怒るの?」というのが一般的なGACKTファンの疑問だと思います。

そもそも、美人で可愛いくて、GACKTさんの親友を旦那にゲットした幸せな桜井奈々さんに対する嫉妬心でもあったと思いますが。

スポンサーリンク